SSブログ
前の10件 | -

若きハンソロの大冒険【ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー】 [映画にドロップキック!!]


ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2018/10/17
  • メディア: Blu-ray

■ヒトコト感想
スターウォーズの人気キャラであるハン・ソロの若いころを描いた作品。スターウォーズシリーズをどれだけ細かく見ているかによって面白さは変るだろう。ハン・ソロとチューバッカの出会いや、ミレミアム・ファルコンを手に入れるまでなど、ファンにはたまらないシーンが目白押しだ。ただ、自分の場合はそこまでスターウォーズを細かく見ていないので、細かな仕掛けに気づいていないのだろう。

若きハン・ソロの冒険の中では、その後のシリーズに続く流れが描かれていたのだろう。自分がその他に気づいたのはダース・モール程度だ。ハンソロが実は盗賊団に所属しており、騙し騙されの関係の中で、最後には生き残りミレニアム・ファルコンまで手に入れてしまう。キーラが本編に出ていたのかが気になるところだ。

■ストーリー
「スター・ウォーズ」屈指の人気を誇るハン・ソロは、いかにして愛すべき悪党<ハン・ソロ>となったのか?劣悪な環境を抜け出し銀河一のパイロットを目指すハン・ソロは、幼なじみの美女キーラと恋に落ちる。だがしかし、ある出来事によって二人の未来は引き裂かれることに。キーラを救うため帝国軍アカデミーに志願したハン・ソロ。やがて彼は生涯の相棒チューバッカと運命的な出会いをする。

さらに、腕利きの運び屋であるランド自慢の船ミレニアム・ファルコンを巡り、思い切った賭けに打って出る。それぞれの人生に立ち向かう彼らはいつしかチームになり、カリスマ性を持つ謎の男ベケットのもとで“自由"を手に入れるため危険な強盗ミッションに挑む。果たして彼らは次々と迫る危機をどう乗り切るのか! ?ルークやレイアと出会う前、若きハン・ソロの想像を超えた知られざる冒険を描くアクション超大作!






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

マティアの石の価値は?【レジェンダリー】 [映画にドロップキック!!]


レジェンダリー ブルーレイ&DVDセット(2枚組/ブックレット付) [Blu-ray]

レジェンダリー ブルーレイ&DVDセット(2枚組/ブックレット付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2018/01/24
  • メディア: Blu-ray

■ヒトコト感想
神聖な聖遺物である「マティアの石」をめぐる物語だ。修道士のダーマットたちはマティアの石をローマに運ぶために旅にでる。マティアの石が入っている宝箱のようなものはかなり豪華だ。道中では豪華な宝箱に目がくらみ襲いかかってくるノルマン人たち。ダーマットたち修道士を守るのは騎士のレイモンドたちだ。

マティアの石の価値については騎士たちは半信半疑だ。ただ、その価値に気づくとレイモンドたちはマティアの石を奪おうとする。修道士たちの中でひとりの口がきけない修道士が実は元騎士ということで、命をかけてマティアの石を守ろうとする。物語のいたるところで残酷描写が繰り広げられている。修道士たちが命を懸けて守るマティアの石は、結局はただの石でしかないのだろう。

■ストーリー
1209年、アイルランド。そこは世界の果てとも呼べる島。修道士の一行は修道院の神聖な聖遺物である「マティアの石」をローマに運ぶ巡礼の旅に出る。だが、そこは数世紀にもわたり繰り返された部族間の戦争と上陸が活発化する侵略者ノルマン人らが横行する危険な旅路。信仰心の篤い、若き修道士ダーマッドと暗い過去をもつ口がきけない平修士らは、恐ろしい古代の迷信や盗賊たちに襲われながらも聖遺物を守り、旅を続ける。

しかし、道中に巡礼を守るべく参加していた騎士レイモンドらが聖遺物の価値に目がくらみ、マティアの石を奪おうと目論んでいた――






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

なんでも四捨五入で考える女 【サムのこと 猿に会う】 [書籍にドロップキック!!]


サムのこと 猿に会う (小学館文庫)

サムのこと 猿に会う (小学館文庫)

  • 作者: 加奈子, 西
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2020/03/06
  • メディア: 文庫

■ヒトコト感想
西加奈子の短編集。それぞれの短編は、個性的な二十代の男女が主人公となっている。「サムのこと」は、仲間であったサムが突然事故死し、その通夜に向かう4人の男女の会話を描いている。仲間の葬式に向かう悲しみよりも、個々のキャラクターの個性に圧倒されてしまう。どこか昔風であり、まっとうな社会人ではない雰囲気を醸し出している若者たちだ。

悲しみに暮れるのではなく、サムの思い出話に花を咲かす。サムの本名はサムとあだ名がつく名前ではない。サムの兄のあだ名を弟のサムが自分のことをサムと呼んでくれと言ったらしい。サムもちょっと特殊だが、周りの仲間たちもより特殊だ。なんとも言えないけだるい雰囲気の漂う短編だ。

■ストーリー
そぼ降る雨のなか、様々なことが定まらない二十代男女5人が、突然の死を迎えた仲間の通夜に向かうところから始まる『サムのこと』。二十代半ばの、少し端っこを生きている仲良し女子3人組が温泉旅行で、「あるもの」に辿り着くまでを描いた『猿に会う』。小説家志望の野球部の友人と、なぜか太宰治の生家を訪ねることになった高校生男子が、そのまま足を伸ばした竜飛岬で、静かに佇む女性に出会う『泣く女』。

人生の踊り場のようなふとした隙間に訪れる、「何かが動く」瞬間を捉えた初期3作を新たに編んだ短編集。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

全ての戦闘のプロフェッショナル【ジャン・クロード・ヴァン・ダム ザ・ディフェンダー】 [映画にドロップキック!!]


ジャン=クロード・ヴァン・ダム  ザ・ディフェンダー [DVD]

ジャン=クロード・ヴァン・ダム ザ・ディフェンダー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2007/07/25
  • メディア: DVD

■ヒトコト感想
ジャンクロードヴァンダムが戦闘のプロフェッショナルとして対象者を守る。元ヘビー級の世界チャンピオンを護衛することになるソバージュ。対象者を守るためにはソバージュが信頼する仲間を集めようとするのだが、チャンプは自分のジムの若手をボディーガードとして使おうとする。ソバージュとチャンプは常に対立関係にある。意見の対立もあるが、最初からソバージュのことが気に入らないようだ。

それでもソバージュの実力がすさまじいために最終的にはソバージュの言うとおりになる。ひたすらヴァンダムがかっこよい。神経質なまでに対象者をガードするソバージュ。少しでも怪しい兆候があればやりすぎと思われるほど慎重になる。ただ、この行動がのちにチャンプを助けることになる。

■ストーリー
フィリップ・ソバージュはアフガニスタンとイラクで3年間軍に従事してきた。戦闘のプロフェッショナルである彼に依頼された仕事は、ボクシング世界ヘビー級チャンピオンを敵対するラップ・グループから守ること。世界No.1を護衛する人類最強の男。飛び散る銃弾を掻潜り、必殺マーシャル・アーツが炸裂する!これぞヴァン・ダム・アクション最高傑作!






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

戦闘パーティはそろった【劇場版 ペルソナ3 #2 Midsummer Knight's Dream】 [映画にドロップキック!!]



■ヒトコト感想
劇場版ペルソナ3の第2弾。今回はシャドウ討伐への新たな仲間が参加してくる。まずは美少女ロボのエイジスが参加し、小学生の天田も参加する。さらには犬のクロマルと謎めいた存在であった荒垣も参加する。闇時間を終わらせたい理たちと、相反する考え方をするグループのストレガが登場してくる。キャラクターが増えたことでペルソナのバリエーションも増える。

シャドウの全貌も明らかとなり、12の巨大なシャドウを倒すことで闇時間が終わるという流れだ。理たちはペルソナを駆使してシャドウを倒すことに充実感を覚えている。すべてのシャドウを倒すことでこの充実感が消えることに若干の残念さを覚えている。よりRPG的な要素が強くなってきている。

■ストーリー
私立月光館学園に転入した主人公・結城 理は、異形の怪物「シャドウ」の襲撃をきっかけに、「ペルソナ」の力に覚醒し、同じペルソナ使いたちで構成された特別課外活動部へと引き入れられる。最初は流されるままに行動していた理だったが、「影時間」の謎を追い、「シャドウ」との死闘を重ねていくうちに、その心は大きな変化を見せ、仲間との強い絆を得る事となった。そして季節は春から夏へ。「シャドウ」との戦いは終わっていなかったが、特別課外活動部は新メンバーを迎え、非日常的な毎日に充実感さえ覚えるようになっていた。運命の歯車がまわり、また新たな試練が訪れることになるとは、誰も知らないまま―






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

架空の国の描写がすばらしい【王立宇宙軍 オネアミスの翼】 [映画にドロップキック!!]


王立宇宙軍 オネアミスの翼 [Royal Space Force-The Wings of Honneamise] [Blu-ray]

王立宇宙軍 オネアミスの翼 [Royal Space Force-The Wings of Honneamise] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2008/07/25
  • メディア: Blu-ray

■ヒトコト感想
王立宇宙軍の兵士であるシロツグが宇宙へ飛び立つ物語だ。すばらしいのは架空の国の物語なのだが、この架空の国の描写がすさまじい。細長いドリルのような硬貨。文字も複雑でよくわからない。ひと昔前の中東のようでありアメリカのようでもある。戦わない軍隊である王立宇宙軍が宇宙へチャレンジする。神の教えを説く少女リイクニに感化されたシロツグは、無謀にも宇宙飛行士へ志願する。

訓練描写やメディアのフィーバーぶりなど、ひと昔前の宇宙飛行士の訓練の様相がある。本作が30年近く前の作品であることに驚いた。今見ても十分楽しめる名作だ。リイクニの存在が、絶妙なアクセントとなっており、シロツグが変化していく。ダメな兵士が変化する物語?

■ストーリー
シロツク゛・ラータ゛ット。彼は戦わない軍隊、「王立宇宙軍」の兵士。この30年の歴史を誇る宇宙軍も政府には見放され、今じゃ人間どころか人工衛星すら満足にあげられない。いつの間にやら、宇宙への夢も遠ざかり訓練もさぼり放題のシロツク゛。そんなある日、街で神の教えを説くふしぎな少女リイクニに出会ったことでシロツク゛の運命は変わってしまった。シロツク゛は仲間の兵士の反対にもめげず宇宙ハ゜イロットに志願してしまったのである。かくして「王立宇宙軍」の威信と名誉挽回の宇宙飛行計画が開始された…。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

フォースの万能性が明らかとなる【スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け】 [映画にドロップキック!!]


スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2020/04/29
  • メディア: Blu-ray

■ヒトコト感想
「スターウォーズ」シリーズの最終作。ルークスカイウォーカーの意志を引き継ぐレイ。そして、ダースベーダー的な立ち位置であるカイロ。このふたりを中心として物語はすすんでいく。

スターウォーズシリーズの売りであるフォースの力がさらにパワーアップしており、レイとカイロが群を抜いてその強さを示している。今までのスターウォーズファンを楽しませる要素が詰まっている。まるでダースベーダーのようなマスクを被り幹部たちを威嚇するカイロ。ラストの巨大戦艦であるデストロイヤーとの対決では、レジスタンスたちが協力し激しい空中戦を繰り広げている。シスとの対決や宇宙での戦いは、定番的ではあるがファンにはたまらない演出がちりばめられている。ただ、これでシリーズが終わりかと思うと少し寂しくなる。

■ストーリー
かつて銀河に君臨していた祖父ダース・ベイダーに傾倒し、その遺志を受け継ぐべく、銀河の圧倒的支配者へと上り詰めた、スカイウォーカー家の一人でもあるカイロ・レン。そして、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎ、類まれなフォースを覚醒させたレイ。新たなるサーガを担う若者二人の運命が、この物語の行く末を担っている。はるか彼方の銀河系で繰り広げられる、スカイウォーカー家を中心とした壮大な<サーガ>の結末は、“光と闇"のフォースをめぐる最終決戦に託された――。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

人の倫理観を試す薬 【神域 上】 [書籍にドロップキック!!]


神域 上

神域 上

  • 作者: 真山 仁
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞出版
  • 発売日: 2020/02/29
  • メディア: 単行本

■ヒトコト感想
アルツハイマーすらも治療してしまう万能幹細胞「フェニックス7」の研究と、それを製品化しようとする動き、そして治験がすすまない現状などが描かれている。強烈なのは、サルにしか実験していない状態で人間に対する治験をどうするのかという流れだ。倫理的な問題はさておき、本人が強く希望し死のリスクも受け入れるならば、フェニックス7を投与してもよいのでは?と思えた。

自分がアルツハイマーになるのを待つよりは、脳細胞が蘇ることに賭ける。世間の大富豪たちは同じような考え方を現実にもっているのかもしれない。そして、現実世界でも同じように大富豪によりなんらか承認前の治療が行われているのかもしれない。そんな現実を連想させる強烈な作品だ。

■ストーリー
脳細胞を蘇らせる人工万能幹細胞「フェニックス7」それは人間の尊厳を守るために生み出されたはずだった。国家戦略の柱としたい日本政府は一刻も早い実用化を迫る。再生細胞による医療が普及すれば、人は永遠の命を手に入れるかも知れない―。しかし、本当に細胞は安全なのだろうか。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ゲーム原作の特殊なアニメ映画【劇場版 ペルソナ3 #1 Spring of Birth】 [映画にドロップキック!!]


劇場版ペルソナ3 #1 Spring of Birth(通常版) [Blu-ray]

劇場版ペルソナ3 #1 Spring of Birth(通常版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2014/05/14
  • メディア: Blu-ray

■ヒトコト感想
ゲームが原作の本作。過去に2はやったことがある。基本のシステムは、人にはそれぞれペルソナがおり、ペルソナを使って敵と戦う物語だ。ペルソナや敵キャラクターが独特な絵柄であり、これがペルソナシリーズの売りなのだろう。劇場版作品となり、#1ではキャラクター紹介の色合いが強い。影時間にはびこる異形の怪物・シャドウ。主人公の理は他者に興味がなく無気力なタイプだが、ペルソナの才能がありシャドウとの対決では強烈な力を示す。

そのほかにも、補助的なペルソナなども登場し仲間が増えていく流れだ。シャドウの正体やラスボスの存在などはまだ明らかになっていない。全4回なので、後半には盛り上がりポイントがあるのだろう。

■ストーリー
「君は、1日が24時間ではないと言ったら、信じるかい?」1日と1日の狭間にある隠された時間「影時間」。街は動きを止め、人々はオブジェへと姿を変える。そこにはびこる異形の怪物「シャドウ」。それらに対抗できるのは、ペルソナという特殊な力を持つ者だけ。私立月光館学園に転校してきた主人公・結城理はペルソナの力に覚醒し、同じペルソナ使いたちで構成された特別課外活動部へと引き入れられる。彼らはそれぞれの目的のため、影時間の真相を追ううち、想像を絶する運命と対峙する――-。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

特殊すぎる精鋭部隊のミッション【Mile22】 [映画にドロップキック!!]


マイル22[Blu-ray]

マイル22[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2019/08/02
  • メディア: Blu-ray

■ヒトコト感想
緊迫感あふれる作品だ。最強の特殊部隊であり頭脳集団が、超重要人物を空港まで送り届けるミッションがメインだ。あらゆるネットワークを制御し本部では車の位置を常に把握している。町中の監視カメラをハッキングし、さらには車が妨害者から破壊されたとなると、近くにある使用可能な車を見つけ出す。全てがネットワークで制御されている。

隊員たちも特殊だ。作戦の前には国籍を放棄し、捕まったとしても謎の存在として死亡するだけ。世界にセシウムがばらまかれる危機を食い止めるためにセシウムのありかを知る重要人物をアメリカへ送り届ける。ラストでは、この作戦が始動させられた目的が明らかとなる。次々と特殊部隊の隊員たちが犠牲となっていく中での最後の展開は衝撃的だ。

■ストーリー
世界を揺るがす危険な“物質"が盗まれた。行方を知る唯一の“重要参考人"を亡命させるため、周りを敵に囲まれる極限状態のなか、米大使館から空港までの22マイル(35.4Km)を“最強の特殊部隊"ד完璧な頭脳チーム"からなるアメリカ最高機密「オーバーウォッチ」作戦を発動し護送ミッションを遂行していく。しかし、行く手には想像を絶するラストが待っていたー。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -