SSブログ
前の10件 | -

動きは遅いが妙な迫力のあるセガール【リターンド・ソルジャー 正義執行人】 [映画にドロップキック!!]


リターンド・ソルジャー 正義執行人 [Blu-ray]

リターンド・ソルジャー 正義執行人 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • 発売日: 2015/01/06
  • メディア: Blu-ray

■ヒトコト感想
沈黙シリーズのスティーヴン・セガールの作品。セガールが強烈な殺し屋アレクサンダーとして暴れまわる。武器商人の中国人がラスボスだ。マフィアの抗争に巻き込まれたサーシャ親子を救うために、表の肩書は便利屋であるアレクサンダーが動き出す。

そもそもサーシャたちはマフィアと協力して仕事をしていたが、ひょんなことから娘を人質にとられる状態となる。もともとアレクサンダーは武器商人を殺害するミッションに失敗したことから、武器商人をつけ狙う。アレクサンダーは激しいアクションをするわけではない。ゆっくりと動き、相手を壊していく。ラストでは、武器商人の部下たちに囲まれた状態でありながら、武器商人に「殺す」と迫る場面は強烈だ。

■ストーリー
軍人のアレクサンダーは、敵のアジトを強襲したのだが…寸前のところで凶悪な武器商人チャンを取り逃がし、さらに民間人の子供を爆撃に巻き込んでしまった。この出来事がきっかけになり、軍役を退いたアレクサンダーは、数年後、ロシアのとある街で小さなアパートに暮らし、便利屋をしていたのだが…隣に住む幼い少女とその姉がマフィアの抗争に巻き込まれてしまう!アレクサンダーは、二人の兄で、地元のマフィアに属しているサーシャと協力して悪に立ち向かうのだが…実は、アレクサンダーにはもう一つ、隠された目的があり…。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ゲイであることが困難な時代【ブロークバック・マウンテン】 [映画にドロップキック!!]


ブロークバック・マウンテン [Blu-ray]

ブロークバック・マウンテン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2013/09/25
  • メディア: Blu-ray

■ヒトコト感想
LGBTの作品。ブロークバックマウンテンで期間限定の羊の番をする仕事を得たふたりの男が、山でふたりで過ごすうちに愛し合うことになる。時代的に男同士の恋愛はタブーとされている時代に、ひっそりと愛をはぐくむふたり。イニスとジャックは、お互いがそれぞれ結婚し子供もいる状態でありながら、年に数回、逢瀬を続ける。強烈なのは、イニスの奥さんがふたりが抱き合っている姿を見るシーンだ。

新婚の妻からするとショックなのだろう。その後のイニスとの離婚の原因のひとつであることは間違いない。ジャックは奥さんにイニスのことがバレてはいないが、ジャックが死んだ後のイニスとの会話から、なんらか気づいていたような雰囲気を醸し出している。

■ストーリー
壮大で美しいブロークバック・マウンテンの農牧場で出会った二人の青年。山でのキャンプ生活の中で、次第に彼らは友情を超えた深い感情が芽生えはじめるのだったが…。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

 探偵キリがパイロキネシスの秘密をさぐる 【爆身】 [書籍にドロップキック!!]


爆身 トクマ・ノベルズ版

爆身 トクマ・ノベルズ版

  • 作者: 大沢在昌
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Kindle版

■ヒトコト感想
「獣眼」で登場したボディーガード・キリの物語。今回は、ボディーガードの依頼人であるトマス・リーが爆発に巻き込まれ殺害された。キリが守る前に依頼人が殺された。このことでキリはリーが殺された原因を調査することになるのだが…。リーが呪いで殺された可能性があると判明する。呪いで人を殺すことができるのか。キリはリーの元相棒や弁護士などから情報を得ながら、謎の組織にぶち当たる。

キリはハードボイルドの主人公らしく、腕が立ち冷静だ。チンピラに絡まれたとしてもあっさりと撃退する。大物フィクサーである睦月の力を使いながら調査をすすめると、アメリカまでもが事件に絡んでくる。人を呪い殺すことができるかが本作のミステリアスな部分だ。

■ストーリー
本名、年齢不詳。凄腕のボディガード・キリは、ニュージーランド在住のフィッシングガイド、トマス・リーから警護を依頼された。指定されたホテルに到着すると、頭上で爆発音が起こった。現場はリーと待ち合わせた二階レストラン。目の前で依頼人が爆死したのだ。そこへ大物フィクサー・睦月が現れ、リーの死の真相について調査を依頼される。

リーの正体はかつて睦月のパートナーだった増本貢介で、生前「自分は呪われている」と話していたという。増本は呪殺されたのか!?ノンストップ・ハードボイルド“ボディガード・キリ”シリーズ第二弾!






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

グラボイズの原点がここに【トレマーズ4】 [映画にドロップキック!!]


トレマーズ 4 [Blu-ray]

トレマーズ 4 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2013/11/27
  • メディア: Blu-ray

■ヒトコト感想
トレマーズシリーズ第4弾。前作でのブラボイズ専門のハンターであるバートの祖父の時代を描いた作品だ。シリーズ化して過去までさかのぼるというのはスターウォーズ的なシリーズのようになっている。バートの祖父であるガンマーの鉱山には昔からグラボイズがいた。初代シリーズから象徴的でもあった巨大な水の桶のようなものまでも存在する。序盤ではガンマーはグラボイズの存在に懐疑的であったが、その姿を見た瞬間に、賞金稼ぎのハンターを雇いグラボイズを倒そうとする。

はるか昔からグラボイズとの闘いを続けていた。グラボイズに対しては爆弾や銃で戦おうとする。本作のポイントとしては、ひとりでは何もできないガンマーが、周りの助けを得ながらグラボイズと戦う物語だ。

■ストーリー
1889年、ネバダ州リジェクション。地中をうごめくモンスター“グラボイズ"専門のハンター、バートの曾祖父ハイラム・ガンマーの鉱山では、鉱夫たちが次々と謎の死を遂げる事件が発生。何と当時からグラボイズは存在していたのだ! ガンマーは懸賞金ハンターを雇い、やつらに戦いを挑む。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

進化したインド映画【ロボット2.0】 [映画にドロップキック!!]


ロボット2.0 [DVD]

ロボット2.0 [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2020/03/25
  • メディア: DVD

■ヒトコト感想
インド映画。インドでもスマホが当たり前になっており、誰もがスマホを持つ中で、そのことについて警告するような作品だ。インドのスマホが次々と空へ飛び行方不明となる。そして、そのスマホが集まり巨大な鳥となりスマホのアンテナを破壊していく。スマホに汚染された世界を変えようと、スマホ自身がひとつの塊となり攻撃を仕掛けてくる。ターゲットとなったのはインドの大臣やスマホ販売会社の社長、そして、スマホのアンテナだ。

スマホの怪物と対決するのはバシー博士が作ったロボットだ。インド映画らしさがない。ただ、随所にちょっとしたコメディの要素があり、ラストではインド映画独特の全員そろっての踊りがある。これがなければインド映画ではないのだろう。

■ストーリー
バシー博士(ラジニカーント)は助手のロボット・ニラー(エイミー・ジャクソン)とスマホの行方を追ううちに、無数のスマホが合体し巨大な怪鳥に変身している現場に遭遇。 やがてその巨大怪鳥は人類を襲いだし、軍隊でも抑えきることのできないモンスターと化してしまいました。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ハサウェイはムカつくキャラだ【機動戦士ガンダム 逆襲のシャア】 [映画にドロップキック!!]


機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (初回限定版) [Blu-ray]

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (初回限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2011/06/24
  • メディア: Blu-ray

■ヒトコト感想
ガンダムシリーズ。シャアがネオジオンの総帥として地球へアクシズを落とそうとする。はるか昔に見た覚えがあるのだが…。大人のガンダムというかZガンダムの雰囲気を引き継いでいる。カップルがいくつか存在するのだが、どれもがいびつだ。アムロがνガンダムでシャアのサザビーと対決する。ファンネルを使っての戦いというのは、アムロらしくない。ところどころにファーストガンダムの映像が挟まれている。

ファーストガンダムファンにはたまらないだろう。ブライトの息子であるハサウェイがガンダムシリーズに登場する生意気なガキの雰囲気をそのままだしており、最終的にはアムロの恋人を殺してしまう。ラストの展開は賛否あるのだろうが、ニュータイプの力を示すと言う意味ではよいのだろう。

■ストーリー
第一作目の「機動戦士ガンダム」から続いていたアムロとシャアの確執についに決着がつく。宇宙世紀0093。新生ネオ・ジオン軍の総帥となったシャア・アズナブルは、宇宙民族の解放を唱え、地球軍との敵対を続けていた。表向きは政府と和平交渉を行いながら、小惑星アクシズを地球に衝突させるという暴挙を計画するシャア。そんな時、彼は宿敵のアムロ・レイと再会する…。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

小さな子供が小さなチェーンソーを持ち戦う【シャークネード4】 [映画にドロップキック!!]


シャークネード4【Blu-ray】

シャークネード4【Blu-ray】

  • 出版社/メーカー: ニューセレクト
  • 発売日: 2020/07/03
  • メディア: Blu-ray

■ヒトコト感想
シャークネードシリーズ第4弾。回を追うごとにぶっ飛び感がすさまじくなる本作。前回のラストではフィンの妻であるエイプリルが死亡したのだが、本作ではサイボーグとして蘇っている。シャークネードは炎バージョンやオイルバージョン、そして電磁波バージョンまで登場してくる。フィンたちは、その都度、特殊な状況に対応している。もはやフィンの家族はシャークネードと戦うために存在している。

娘や息子だけでなく、父親までも戦う。ラストでは家族が次々と鮫に飲み込まれていく。ついにはフィンまでも飲み込まれるのだが、まだ小さなフィンの5歳くらいの子供が小さなチェーンソーを手に持ち巨大なクジラの腹を裂き、そのクジラが飲み込んだ鮫の腹を切って家族が復活している。すさまじい物語だ。

■ストーリー
前作でシャトル墜落事故に巻き込まれて死んだと思われていたヒロインのひとりエイプリル(タラ・リード演)が何と、、生きていた?テンポよく進むストーリー、出し惜しみされないサメ、他のB級モンスター映画なら山場にあたるシーンが絶えず飽和状態のアクションシーン、サメ以上に意味不明な戦闘力を持つ人類などシリーズならではの見どころは相変わらずで、荒唐無稽なストーリーが好きなものなら今作も楽しめるはずだ。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

地中の怪物から空飛ぶ怪物へ【トレマーズ3】 [映画にドロップキック!!]


トレマーズ 3 [Blu-ray]

トレマーズ 3 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2013/11/27
  • メディア: Blu-ray

■ヒトコト感想
「トレマーズ」と比べると、かなりキャラが様変わりしている。バルたちが未知の生物「グラボイズ」に翻弄され知恵比べをしてなんとか倒すという物語だった。バルのキャラが良く、周りのキャラもかなりキャラ立ちしていたのでよかった。本作では、いつの間にかグラボイズに対しての探知機ができており、グラボイズがちょっとした保護生物のような扱いとされている。

荒くれ者のバートがグラボイズを制御しながら新種の怪物たちと対決する。今までのグラボイズが土の中を移動するのに比べ、新種は空を飛び人を襲う。今までと正反対な怪物に対してバートがとんでもない行動にでる。一度はグラボイズに食べられたりもするのだが、そこから復活するあたり、ご都合主義だがバートのとんでもなさが描かれている。

■ストーリー
砂漠の中の小さな町、ネバダ州パーフェクション。あの人喰い怪物“グラボイズ"が再びこの町に帰ってきた! 究極の進化を遂げた怪物に立ち向かえるのは、荒くれ者のバートしかいない。地元の若い起業家カップルの手を借りたバーとは、驚異的な武器の知識を駆使しながら恐るべきグラボイズの新種に挑む。作戦に失敗すれば、パーフェクションの名を一躍有名にしたこの怪物が、町をこの世から消しさるだそう…。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ファミリーの一員になるために…【ラスト・ガン 地獄の銃弾】 [映画にドロップキック!!]


ラスト・ガン 地獄への銃弾 [DVD]

ラスト・ガン 地獄への銃弾 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アメイジングD.C.
  • 発売日: 2015/11/04
  • メディア: DVD

■ヒトコト感想
若者のニックがマフィアに入ることにあこがれ、ファミリーの一員となったはいいが、ちょっとした歯車の狂いから激しい殺し合いの連鎖となる。マフィアのボスであるサルは、ニックを利用しようとする。ニックはそのことを知らずに…。ニックの親友であるジョージがくせものだ。実はニックよりもマフィア的であり度胸がある。

ニックのファミリーへの入団テストにしても、ニックが怖気ついたためジョージが実行している。売春宿を経営しているトニーともめたかと思いきや、サルの命令でトニーに謝りにいくニック。そこから、トニーの娘と仲良くなり…。ニックは家族を大事にするのだが、その思いが最終的には取り返しのつかない方向へとすすんでいる。

■ストーリー
犯罪都市ボストン―。 一帯はイタリア系マフィアが取り仕切っている。若く寡黙だが野心があり、かつ喧嘩の強いニックを気に入ったマフィアのボス・サルは、ニックを自分の組織へ引き入れようとしていた。ニックはボスへの忠誠を誓い、犯罪に手を染めていくが、ファミリーとして認められるためには“殺し″で忠誠を見せなければいけない―。それを知った親友のジョージはニックの代わりに敵に銃弾を撃ち込んだ―。

ファミリーとして認められたニックに恐いものなどなかった。敵対するマフィアのボス・トニーの娘アリとの恋も走り出す。2人は互いの立場をわかりつつも、情熱を止められずにいたが、運命の歯車は既に狂い出していた。売春・ドラッグが絡んだ取引でトラブルに巻き込まれたニックは抗争の末トニーに銃弾を放つ。トニーの死は瞬く間に血で血を洗う復讐劇へ。ニックの父親も殺され、さらにサルがアリを始末するために刺客を送った―。闇がすべてを支配する夜、愛する者をすべて奪われたニックは銃を手にし、ひとりボスの元へ向かった―。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

北方領土の離島で巻き起こる事件 【漂砂の塔】 [書籍にドロップキック!!]


【合本版】漂砂の塔(上下巻) (集英社文庫)

【合本版】漂砂の塔(上下巻) (集英社文庫)

  • 作者: 大沢在昌
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2021/06/18
  • メディア: Kindle版

■ヒトコト感想
舞台は北方領土の離島。ロシア人と中国人と日本人が仕事をする特殊な場所。そこで日本人殺害事件が起こる。事件を捜査するために送り込まれたのはロシア語と中国語に堪能な警視庁の石上だった。死体の目はえぐりとられていた。それが何か理由があるのか。ロシアの軍事機密や北方領土の離島のため、日本人とロシア人の複雑な関係などが描かれており、石上は離島を支配する企業オロテックの施設長に協力を依頼し事件を調査する。

ロシアのマフィアが島にいるのだが、実質的には施設長がすべてを支配している。石上が独自の調査で日本とロシアの過去の伝説を調査し、施設長やマフィアを翻弄する。ロシアのFSBである女医などすべての登場人物が自分の利益のために相手を騙そうとしている。

■ストーリー
二〇二二年、雪と氷に閉ざされた北方領土の離島。日中露合弁のレアアース生産会社「オロテック」で働く日本人技術者が、死体となって発見された。凍てつく海岸に横たわる体。何者かに抉りとられていた両目。捜査権がなく、武器も持てない土地に送り込まれたのは、ロシア系クォーターで中国語とロシア語が堪能な警視庁の石上だった。元KGBの施設長、美貌の女医、国境警備隊の若き将校、ナイトクラブのボス…敵か、味方か?信じられるのは、いったい誰だ?日中露三ヵ国の思惑が交錯し、人間たちの欲望が渦を巻く!






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -