So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

実際に起きた石油採掘施設の事故【バーニング・オーシャン】 [映画にドロップキック!!]


バーニング・オーシャン (オリジナルカード付) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

バーニング・オーシャン (オリジナルカード付) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2018/07/04
  • メディア: Blu-ray

■ヒトコト感想
実際に起こった事故を描いた作品。石油採掘施設での爆発炎上事故。ある程度誇張されているとはいえ、周りを海に囲まれた施設が火事になれば、当然逃げ場はない。物語としては、企業的利益を追い求める上層部と安全を第一に考え慎重に試験を続ける現場作業員たちの攻防からスタートする。利益優先の考えにより事故が起きたというストーリー展開だ。

実際の事故の裁判でも幹部たちは訴えられたらしいのだが…。事故の描写はすさまじい迫力がある。石油採掘施設なので、炎の元となる石油は出続けている。船の助けを待てずに海に飛び込む者もいる。現場作業員の主任であるジミーはなんとか事態を打開しようと必死になる。炎の迫力と、エンドロールで流れる実際の映像は、すべてが現実に起こったことなのだと驚かされる。

■ストーリー
2010年4月20日。電気技師マイク(マーク・ウォールバーグ)は、家族を残しメキシコ湾沖の石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」に単身赴いた。掘削現場では主任ジミー(カート・ラッセル)の抗議も虚しく、工期遅れを挽回したい石油会社管理職のヴィドリン(ジョン・マルコヴィッチ)によって重要な安全確認テストが省略されてしまう。ずさんな管理体制で工事が進められた結果、大量の原油が噴出し施設は大爆発の炎に包まれる。脱出可能なタイムリミットが刻一刻と迫るなか、施設に残された126人の運命は―!






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

強盗犯と保安員、どちらもアウトローだ【ザ・アウトロー】 [映画にドロップキック!!]


ザ・アウトロー[Blu-ray]

ザ・アウトロー[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: Blu-ray

■ヒトコト感想
LAで発生する銀行強盗とそれを取り締まる重犯罪班の物語。どちらもキャラ立ちしており、どちらもアウトローだ。強盗チームがアウトローなのは当然だが、保安局側の男たちも超アウトローだ。容疑者を拉致して脅すのは当然として、その脅し方がまるっきりギャングだ。保安員であるはずのニックの強面具合と仲間たちの悪さ加減がすばらしい。対する強盗チームはレイを中心として強面のやつらがそろってはいるが、どこか知的で緻密な計算の上で強盗を成功させようとしている。

どちらも強烈にアウトローだが、レイたちの方を応援したくなった。ニックは奥さんと子供が家を出ていき、FBIとも対立しながらレイを追いかけ続ける。レイよりもニックが悪者の方がしっくりくるかもしれない。

■ストーリー
48分に1回銀行強盗が発生するといわれるロサンゼルス。ロサンゼルス郡保安局の重犯罪班を率いるニック・オブライエン(ジェラルド・バトラー)は多発する銀行強盗に日々立ち向かっていた。そんなある時、伝説の強盗と呼ばれるレイ・メリーメン(パブロ・シュレイバー)の一味が3000万ドルの銀行強盗を企てているとの情報が舞い込む。氷のように冷たく、恐ろしいほど冷静なレイに率いられた集団は、平凡な強盗団ではない。軍人のように正確に動き、緻密な計画を立て、熟練した人材を雇い入れる。ニックたちは徐々に一味を追い詰めていき、両者が対決する日は刻一刻と近づいていたー






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

自分をイジメた男を刑務所の中で観察 【海峡の光】 [書籍にドロップキック!!]


海峡の光 (新潮文庫)

海峡の光 (新潮文庫)

  • 作者: 仁成, 辻
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2000/02/29
  • メディア: 文庫

■ヒトコト感想
刑務所の看守の斉藤の物語。少年時代に優等生で、斉藤に陰湿ないじめをくりかえしてきた花井が、囚人として斉藤の刑務所にやってきた。そこから、斉藤の人生を振り返るように物語がすすみ、花井の刑務所内での奇妙な行動が描かれている。元優等生の面影なくみじめな花井。斉藤は圧倒的な立場の違いを利用し花井を観察する。

花井がどのような心境で刑務所生活を送っているのかはわからない。少年時代に裏では陰湿な行為を繰り返していた花井は、刑務所内でもその片鱗を見せつつある。刑期満了する前に出所するチャンスがあったが、花井はあえて問題を起こし刑務所に居続けようとする。最後まで花井の奇妙な心の動きは理解することができなかった。

■ストーリー
廃航せまる青函連絡船の客室係を辞め、函館で刑務所看守の職を得た私の前に、あいつは現れた。少年の日、優等生の仮面の下で、残酷に私を苦しめ続けたあいつが。傷害罪で銀行員の将来を棒にふった受刑者となって。そして今、監視する私と監視されるあいつは、船舶訓練の実習に出るところだ。光を食べて黒々とうねる、生命体のような海へ……。海峡に揺らめく人生の暗流。芥川賞受賞。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

一発屋脚本家の悲哀【Re:LIFE リライフ】 [映画にドロップキック!!]


Re:LIFE~リライフ~ [Blu-ray]

Re:LIFE~リライフ~ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2016/04/28
  • メディア: Blu-ray

■ヒトコト感想
若いころに脚本家として成功し、名声を手に入れたキースが、落ちぶれ大学の講師となる物語だ。ヒューグラントはこの手の間抜けな役がよく似合う。一発屋の脚本家として、現在でもプライドは捨てきれずハリウッドにしがみついている。そんなキースに引導を渡すためにエージェントが用意した仕事が大学の講師だ。気が進まないキースは授業の希望者を見た目で選び、教室には美しい女性と不細工な男だけになっている。

キースは生徒と肉体関係を結び、権力ある女性教授をこき下ろしたりとやりたい放題だ。そのツケがのちのち回ってくるのだが…。個性豊かな生徒たち。やる気のないキースがやる気を見せ、最終的には脚本家よりも講師の道を選択する物語だ。

■ストーリー
アカデミー賞脚本賞に輝き、一夜で名声を手に入れたキース・マイケルズ(ヒュー・グラント)。しかし、それから15年もの間、全くヒット作に恵まれない。妻にも逃げられ、一人息子とも会えず、遂には電気すら止められてしまう。彼は仕方なく、エージェントから紹介された、NY北部の田舎町ビンガムトン大学のシナリオコースの講師を引き受ける。懇親会では酔っ払って女性教授ウェルドン(アリソン・ジャネイ)に暴言を吐き、学生は好みのタイプの女学生カレン(ベラ・ヒースコート)たちを選ぶなど、やりたい放題。

再三大学の学科長のラーナー(J・K・シモンズ)に忠告を受ける始末。だが、娘を育てながら復学をしたシングルマザーのホリー(マリサ・トメイ)を筆頭に、生徒たちは真剣。そんな心から映画を愛する彼らの情熱に触れるにつれ、キースの心の中でも何かが変わり始める──。人とのつながりで学んだ最も大切な人生のシナリオとは・・・






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

個性が強すぎる3人の孫たち【海賊じいちゃんの贈りもの】 [映画にドロップキック!!]


海賊じいちゃんの贈りもの [DVD]

海賊じいちゃんの贈りもの [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2016/06/02
  • メディア: DVD

■ヒトコト感想
家族の物語。おじいちゃんの誕生日を祝うために、スコットランドに集まった家族たち。離婚寸前のタグとアビー夫婦。3人の子供たちは個性豊か。世間体を気にする伯父。精神的に不安定な伯母。おじいちゃんは幼い子供たちのことを不憫に思い、海岸へと連れていくのだが…。おじいちゃんは子供たちの目の前で息絶えてしまう。3人の子供たちはおじいちゃんを海に流し火葬する。

大騒ぎとなる家族たち。そして、この騒ぎをきっかけとして家族の絆は強くなる。おじいちゃんの自由気ままな行動と、何もかもお見通しな雰囲気が良い。3人の子供たちの個性もすばらしい。特に次女は鍵を隠す癖があったり、支離滅裂な言葉を発したりと周りを混乱させている。

■ストーリー
おじいちゃん(ビリー・コノリー)の誕生日を祝うために、スコットランドの自宅へ集まったマクラウド一家。しかし、別居中で破局寸前のダグ(デヴィット・テナント)とアビー(ロザムンド・パイク)夫婦、成金で世間体ばかり気にする伯父ギャビン(ベン・ミラー)、精神状態が不安定な伯母マーガレット(アメリア・バルモア)など大人たちの身勝手な都合に振り回されるおじいちゃんと3人の子供たち。そんな中、突如ある悲劇がおじいちゃんと子供たちにふりかかる。そして、純粋無垢な子供たちが起こした行動が引き金となり、一家は最大のピンチを迎えることに。彼らは果たしてこの窮地を乗り越えることができるのか、それとも―?






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

北村薫のデビュー前作品が読める 【本と幸せ】 [書籍にドロップキック!!]


本と幸せ

本と幸せ

  • 作者: 薫, 北村
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/09/26
  • メディア: 単行本

■ヒトコト感想
北村薫のエッセイ集。本に関するうんちくや書評などが詰まっている。また自分の短編作品の中でのベスト12などもある。ファンにはたまらない作品だろう。ファンでもなんでもない人にとってはかなりハードルが高い作品であることは間違いない。書評にしても登場してくる本がそこまでメジャーなものではない。

どちらかというと古典や渋い作品ばかりだ。エッセイとしての面白さはある。作者の人となりがよくわかるというのもあるのかもしれない。まだ高校生の作者が描いたショートショートまである。作家として30年続けてこれたということは、もう大成功な部類だろう。落語だとか古典だとか、相変わらず自分にとってはついていけない部分があることは間違いない。

■ストーリー
作家デビュー30周年!近況がわかるエッセイ。秘蔵の初創作高校生のショートショート7篇公開。自選短篇ベスト12発表。全著作リスト。『読まずにはいられない』『書かずにはいられない』『愛さずにはいられない』「北村薫のエッセイ」3部作に続く最新エッセイ。特別愛蔵版。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

好意を利用する小悪魔小学生【はじまりのボーイミーツガール】 [映画にドロップキック!!]


はじまりのボーイミーツガール DVD

はじまりのボーイミーツガール DVD

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2018/06/06
  • メディア: DVD

■ヒトコト感想
落ちこぼれのヴィクトールが優等生のマリーに恋をする。ただ、マリーには隠された秘密があった。。。マリーは視力が弱くなる病気を患っている。病気のことを隠しながら生活し、なんとか音楽院の受験まで粘ろうと考える。そこで身近にいる利用しやすそうなヴィクトールを使い、マリーは視力が弱くなっていることを隠そうとする。

誰もがマリーのことを考えて行動している。ヴィクトールも、マリーが自分を利用したことに気づいてからも、協力することをやめない。マリーの父親や医者が執拗にマリーの目を気にすることは、病気がひどくなり失明することを恐れてのことだろう。親としてはマリーの父親を否定することはできない。ただ、本人の希望にも少しは聞く耳をもつべきだとも感じた。

■ストーリー
ヴィクトールはクラスの優等生マリーに恋をしている12歳。秀才のロマンからのアプローチもはねつけるマリーに、落ちこぼれのヴィクトールは遠くから見つめるだけだった。ところが、そんなマリーがヴィクトールに急接近! 「勉強を手伝ってあげる」と家に招待してきた! 親友のアイカムから「どん底のお前に最後のチャンスだ」と煽られたヴィクトールは、「女は信用できない」と平静を装いつつも、ウキウキと出かけていく。マリーの指導で徐々に成績があがってきたある日、プロのチェロ奏者になる夢をマリーから打ち明けられる。そしてマリーと初めて手を繋いで下校したヴィクトールは、別れ際に頬にキスされすっかり舞い上がるのだった。

だが、マリーには、誰も知らない秘密があった。だんだんと視力が落ちる病気にかかったマリーは、音楽学校に行くためそのことをひた隠しにしていたのだ。秘密を守るため、マリーには“目"が必要だった。それに気づいたヴィクトールは、利用されていたことにショックを受けるが、マリーの情熱に動かされ、彼女の夢を叶えることを決意する。その日から2人の秘密の作戦が始まった──!






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

悪のドラゴン乗りとの対決【ヒックとドラゴン2】 [映画にドロップキック!!]


ヒックとドラゴン2 [Blu-ray]

ヒックとドラゴン2 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • 発売日: 2018/02/02
  • メディア: Blu-ray

■ヒトコト感想
大人になったヒックとドラゴン。冒頭から鎧に身を包んだヒックがかっこよくドラゴンを乗りこなし、大空を羽ばたいている。今回はドラゴンだけでなくヒックも羽根のような器具をつけて、大空に羽ばたいている。ヒック以外にもドラゴン乗りがおり、ヒックたちを攻撃しようとする。序盤でいきなり怪しげなドラゴン乗りが登場するが、実はそれはヒックの生き別れとなった母親だった。

仮面を被りドラゴンたちを巧みに操る。見た目は怪しいが仮面をとると優し気なおばさんが登場してくる。物語の図式としては、良いドラゴン乗り対悪いドラゴン乗りというのがある。巨大なドラゴンを操る男とヒックたちの対決が始まる。前作よりもドラゴンを使った対決という図式が強い。

■ストーリー
ここは人間とドラゴンが共存する平和なバーク島――ドラゴンレースがにぎやかに開催されているが、レースに参加しないヒックはドラゴンのトゥースに乗って空中散歩を楽しみながらまだ地図に載っていない場所を探検に行く。遠くに見慣れない島を見つけ近づいてみると、そこには見たこともないような超巨大ドラゴンを操るドラゴをリーダーとする悪の一味がいてバーク島を狙っていたのだった。島の仲間とドラゴンたちを守るためヒックは父親のストイックに平和的な解決ができないかと相談するのだが・・・。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

組織を守るためには身内にさえも手をかける 【ライアー】 [書籍にドロップキック!!]


ライアー (新潮文庫)

ライアー (新潮文庫)

  • 作者: 在昌, 大沢
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/03/01
  • メディア: 文庫

■ヒトコト感想
国外の対象者を秘密裡に処理する秘密機関の女工作員である神村。夫が身元不明の女と怪死した。本作が強烈なのは、神村の周りの特殊な人間関係だ。義理の父親が公安のOBであり何かしら裏でカギをにぎる。神村は非合法の活動をしてはいるが、子供にも夫にも恵まれていた。自分に人を殺す才能があると気づいた神村。そして、夫の事件を調べていくうちに新たな組織の姿が見え始める。

非合法組織の幹部たちの一声で事態は大きく変わる。いつどこで誰に襲われるかわからない状態。警察組織すらも抑え込むことができる権力者が関係する組織。夫が殺された理由は何なのか。自分たち以外にも対象者を処理する機関の存在に気づき、そこと対決する。権力構造が複雑なハードボイルドだ。

■ストーリー
穏やかな研究者の夫。素直に育った息子。幸せな家庭に恵まれた神村奈々の真の姿は対象人物の「国外処理」を行う秘密機関の工作員だ。ある日、夫が身元不明の女と怪死を遂げた。運命の歯車は軋みを立て廻り始める。次々と立ちはだかる謎。牙を剥く襲撃者たち。硝煙と血飛沫を浴び、美しき暗殺者はひとり煉獄を歩む。愛とは何か―真実は何処に?アクション・ハードボイルドの最高傑作。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

24時間限定の命【リミット・オブ・アサシン】 [映画にドロップキック!!]


リミット・オブ・アサシン [DVD]

リミット・オブ・アサシン [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • 発売日: 2019/01/09
  • メディア: DVD

■ヒトコト感想
組織の暗殺者として活躍していたトラヴィスは、家族を失ったことで腑抜けとなる。トラヴィスは組織のために再び暗殺活動に精を出すのだが…。任務に失敗し死の淵をさまようことになる。トラヴィスが手に入れた情報が貴重なため、組織は強引にトラヴィスを蘇生させるのだが…。情報をトラヴィスから聞き出した組織は、トラヴィスを始末しようとする。

ここでトラヴィスは反発し24時間という制限がある中で、自分の信念に基づいて活動することになる。組織の巨大さと幹部たちの横暴さはすさまじい。トラヴィスが暗殺者としての能力の高さを示し、守るべき女捜査官と共に激しく動き回る。ボロボロのトラヴィスは必死に事態を打開しようとする。

■ストーリー
家族を失い、任務中に命を落とした暗殺者のトラヴィスは、組織の蘇生実験で命を吹き返す。しかし、組織はトラヴィスが手に入れた情報を聞き出すと、すぐに彼を処分しようとする。その場を逃げ延びたトラヴィスは、自分が組織に捨て駒として利用されただけだったことを悟り、自らの犯した罪と向き合い、組織のさらなる陰謀を食い止めるため復讐を誓うが、与えられた命には24時間という制限があった。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -